東京へ行くことにした。

(ウザい文体で書きます) 

 

突然ではあるが、東京に行くことにした。

 

 きっかけはハンバートハンバートとプリドーンのコラボライブで、この2つが互いの曲を演りあうという楽しそうなライブで、一も二もなく買ってしまった。こういう時は休みの都合が効く仕事で良かったと実感する。

 

 チケットを買ってからよくよく気付いたのだが、このライブは自分の住んでいる北海道ではなく東京でのライブだという事だ。振り返れば、わざわざ何かの催しの為に本州へ出掛けるのは学生以来の事かもしれない。

 更に考えれば東京へ出掛けるのはこれで2回目であった。恐らく大多数の日本人は20代中頃を迎える頃合いには2、3度の東京旅行を経験しているものだとと思うが、自分には東京に関する知識も経験も同世代のそれに比べかなり少なく、しまったこれはいかんぞ、という焦りと、見知らぬ土地への旅情に駆られていた。

 

 厳密に言えば、東京に”行った”という回数自体は30回前後程ではないかと思う。だけれどもこれは、純粋な東京への旅行ではなく、飛行機の乗り継ぎなどで東京を経由した回数である。学生の頃に一度、就職活動の一環ではあったが東京を訪れ、説明会の合間の、僅かばかりの時間ではあったが前々から気になっていた珈琲店と、御所と東京駅のあたりだけを見て回ったことがある。

 

 それを思えば、純粋に東京に”遊び”に行く、というのは初めての経験。今までの旅を振り返れ

ばかなり時間も短く、苦労も少ない旅となりそうだが、やはり初心で訪れる土地へのときめきは何ともいえない。

 

 ライブも勿論だけれども、せっかくの東京旅行、観るものや食べるものをざっとノートに纏めていつも通りどうするかは現地で決めよう。